人気ブログランキング |

自然工房 堀込農園のブログ

玉ねぎ取りから始まる夏。

こんにゃく植えが終わり、やっと玉ねぎとり。

今年の玉ねぎは全国的に豊作。しかし周辺地域は昨年の台風19号で苗が流された生産者が多く、出荷量は少ないようです



ある程度の規模で作る作物がいくつかあると、それぞれの影響でいろいろと仕事が遅れます。

さらにその合間に直売用の野菜も、、、となると、全体的にズレます。(笑)

有機や自然農法を広める為には、認証を取って大きな規模で作って流通させることも大事だし、少量多品目で地域の直売所やレストランに売るのも大事。

野菜類が少ないとか、量が少ないとか言われるんですが(笑)、「なんの為に農業してるのか?」を忘れずに、できる範囲でいろいろやっています。(野菜類は夫の趣味もあるけど)


玉ねぎ取りから始まる夏。_e0347051_15023187.jpg




そして玉ねぎ取りが終わると田植え。
7月になったりします。遅いです。
恐らくこの地域で1番遅いんじゃないですかね。(笑)
そして玉ねぎの皮むきと出荷、うどとこんにゃくの畑の草取り〜へとつづきます。。

玉ねぎ取りから始まる夏。_e0347051_16053768.jpg








# by horinouen | 2020-06-23 16:15

こんにゃく芋の選別とうどと自粛生活

今年は例年よりもお手伝いの方に恵まれ、うど伏せ~こんにゃく芋の選別は順調に終了しました。
(我が家は基本的に全体の仕事が遅れています。)

うどは伏せた量も少なかったので、出荷もそろそろ終わりそうです。



さて、
群馬県内、富岡市内で県立学校・市立学校ともに5月31日まで休校。
長女の春休みは3月頭に突然始まったけれど、おうちで学校のかわりはなかなか難しいですね。
こんにゃく芋の選別の期間は家の敷地内で作業してるから大丈夫だと思っていました。
ま、大丈夫ではなかったですけどね。笑

どうに言ったって、宿題をやらない子はやりません。
優しくしても、怒ってもやらないし!
お互いの精神衛生上、放っておくことが一番と判断し自由にさせております。

今週から地区ごとの時間差登校が始まり、長女はまっさらな宿題を持って行き、お昼に帰宅。
先生になにか言われたようで、すこし落ち込んでいました。
また新たな宿題の束が増え、私のため息も増えるのでした…。
こんにゃく芋の選別とうどと自粛生活_e0347051_12420736.jpg





# by horinouen | 2020-05-11 13:46

台風が来た。

台風19号で被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

我が家は幸い、特に被害はありません。
しかし付近にはところどころ小規模の土砂崩れがあります。
通行止めの道もありました。

市内では鏑川、高田川、星川が増水し、市内全域に避難勧告が発令されました。
まだまだ浸水や泥の被害に遭われた方々の復旧は終わっていないようです。


こちらの写真は消防団で復旧作業をしているお父ちゃんをお迎えに行ったときに見た鏑川。
実業高校の野球グランドが水浸し。
突き刺さる流木。
蛇行する濁流。
いつもと変わらない明日。
娘よ、忘れないで!
台風が来た。_e0347051_06133943.jpg






# by horinouen | 2019-10-14 06:13

2019年こんにゃく芋植えてます。

(私的に)怒涛の子連れ10連休を終え、こんにゃく芋植えが始まりました!

まずは赤ちゃん芋の生子(きご)から。
2人で機械に乗って植えていきます。
私は基本的に機械を後ろから追いかけて並びを直す係。

1人で無になり、棒を使って芋を直す・・・
毎年やってることだけど、毎年同じことしているわけでもないんだよなあ。
1人でみつをごっこしながら歩きます。
(みんな一人で仕事するときって何考えながらするんだろう?)

4月はこの地域では雪が降ったり、雹が降ったり、霜がおりたり、変な気候が重なりました。
夏野菜に影響がなかったとは言えず、自然相手のお仕事の厳しさを味わっています。
次女の通う保育園の畑もやられましたー!!

でも、植物ってどうにか生き延びていつのまにか成長しているんですよね。
子どもも同じ。
野菜も子供も「環境を整えてあげるだけ」なんだとお父ちゃん言ってたっけ。

さて、仕事行ってきます。
2019年こんにゃく芋植えてます。_e0347051_14122576.jpg






# by horinouen | 2019-05-21 14:38

うどの準備

うどの準備がやっと進んでいます。

今年は1月から順番にインフルエンザになり、なかなか仕事が進みません。

さて、うどの話。
東京の地下で栽培するうどはよくテレビで出ていますが、うちのうどはちょっと違う。

昨年の春に畑に植えた株を年明けに掘り起こし、ハウスの中に伏せます。

↓夏のうど畑(夏の芽かき、草取りは壮絶)

うどの準備_e0347051_03120327.jpg

1つの芽だったのに、夏に大きくなって冬には沢山の芽を付けた根っこになります。(よく見るとエイリアン!)

根っこを並べて、土をかけて、水をかける。
もうこの水だけで充分なんだそうで、あとは株の力でうどが生えてくるんだと。

うどの準備_e0347051_03075188.jpg


そして最後にもみ殻を沢山入れて出来上がり。 

うどの準備_e0347051_03075396.jpg


うどが生えてきたら3月くらいに出荷になります。

う〜ん。1年がかりのお仕事。
万全の対策をしても、気温や天候の影響でまったく収穫できない年もある。

収穫が少なくても、いつのまにかまた次の1年が始まる・・・
そして私の体はだんだんムキムキになっていく・・・





# by horinouen | 2019-02-14 03:44

群馬県富岡市で有機栽培・自然農法で野菜作り・養鶏をしています。
by ホリゴメ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新のトラックバック

ライフログ

検索

最新の記事

玉ねぎ取りから始まる夏。
at 2020-06-23 16:15
こんにゃく芋の選別とうどと自..
at 2020-05-11 13:46
台風が来た。
at 2019-10-14 06:13
2019年こんにゃく芋植えて..
at 2019-05-21 14:38
うどの準備
at 2019-02-14 03:44

外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧